携帯(モバイル)回線

ドコモXi イーモバイルLTE au光(4GLTE) ソフトバンクモバイル WIMAX

フレッツ光

回線に光ファイバーを使ったインターネット接続のことで、最大200Mbpsと高速で安定した接続が可能になります。 光ファイバーの魅力は、なんといっても上りも下りもスピードが速いことで、従来のADSLよりも、動画の閲覧や音楽のダウンロード、メールの受信などの下りはもちろん、メールを送信したり、 自分のPCから写真や動画などのデータをアップロードするなど、上りにも安定したスピードを実現!思う存分、快適なネット生活を楽しむことができます。

NTT東日本、西日本のネット回線についてはこちら ネット回線 とは ネット回線とは、簡単に言えばインターネットを利用するための回線のことを指します。 現在、主に利用されているネット回線は、ADSL回線と光回線の2種類になります。 それぞれの特徴について見てみましょう。 ADSL回線は、従来の電話回線を利用した高速インターネット回線です。 既に存在する電話回線を利用しているため、新規の敷設工事も不要で、全国各地で利用することが出来ます。 回線速度は、数Mbps~数十Mbpsと幅があります。 NTT基地局の近くに住んでいる方は回線速度が速く、基地局から離れた所に住んでいる方は遅くなる傾向にあります。 これは、回線そのものがノイズの影響を受けやすいという特徴のため、距離に応じて回線速度やデータ品質が低下しやすくなるのです。 但し、利用料金は安く、最安なら1000円/月以下で利用出来ます。 光回線は、高速通信が可能は光ファイバーケーブルを利用した回線です。 ADSL回線とは異なり、新に敷設必要がありますので、初期費用として工事費用が発生します。 回線速度は、約100Mbpsもの高速通信が可能となっており、インターネット上でストリーミング配信される映画をストレス無く観ることが可能です。 尚、利用料金は約4000円/月前後に設定されており、やや割高になっています。 また、一戸建て住宅とマンションによって料金プランが異なるのも大きな特徴と言えます。 ネット回線の契約方法 光回線を利用したい場合、どのように契約すれば良いのでしょうか。 ここでは、契約の主な流れと方法について解説していきます。 まずは、光回線に対応したプロバイダ選びです。 各プロバイダそれぞれに特徴がありますので、少しでもサービスが充実して低価格のプロバイダを選ぶようにしましょう。 プロバイダが決まったら、早速申し込みを行います。 プロバイダそのものを乗り換える場合は、現在契約中のプロバイダを解約しないようにしておきましょう。 先に解約手続きをしてしまうと、インターネットに繋がらない期間を作ってしまうことになります。 新規利用するプロバイダへの申込みが先になることに留意して下さい。 申し込みが完了すると、プロバイダの担当者から回線開通可能日の連絡が来ます。 この日付が明確になってから、現在契約中のプロバイダに契約を解除するようにして下さい。 その際、回線停止日を必ず聞かれますので、新規利用するプロバイダの回線開通可能日を設定しましょう。 また、光回線そのものも変更する必要がある場合は、予め現在住んでいる場所がサービスエリア内かどうか確認して下さい。 場合によっては、利用出来ないケースもありますので、契約前に確認するようにして下さい。 この確認が取れれば、光回線の敷設工事日程の調整になります。 後は、開通可能日を待てば、問題無くインターネットを利用することが出来ます。 但し、ありがちなのは無線LANが利用出来なくなったというケースです。 これは。 単純に自宅で利用する無線LAN環境を再設定するだけで利用出来るようになりますので、無線LANルーターの故障だと勘違いようにしましょう。